老眼について

 老眼は、眼の調節力低下によって起きるものです。そもそも、人間の眼は近くを見ることに対して向いていないのです。遠視の項目でも書かせていただいきましたが、遠視の人が近くを見ると調節力を多大に使うために、高い負荷がかかってしまうのです。

老眼

 そして老眼の場合ですが、人間の眼は元々自動的に焦点を結ぶために水晶体が調節をしてくれるものです。しかし、この水晶体の調節機能が低下することによって、焦点を上手く合わせることが出来なくなり、近くを見るときにぼやけるのが老眼なのです。

 眼のピント調節というのは、眼の中にある筋肉が収縮することにより、水晶体が膨むことや縮まることによってピントが調節されます。
 しかし、勘違いしないで頂きたいのは、筋肉が弱くなるのではありません。筋肉が弱くなるのならトレーニングすれば大丈夫と考える人もいるでしょうが違うのです。

 調節力の低下というのは、水晶体の硬化減少によるものなのだ。老眼は眼が疲れやすいといわれています。これは、筋肉は調節をして焦点を合わせようとしているのに、水晶体の硬化によって思うような効果が得られないことから起きているのです。眼は調節が合うために必要なだけの筋肉を使っていると判断しますが、ピントが合いません。そのために、更なる筋肉を使い無理に焦点を合わせようとしているのです。
 また、調節力の低下というのは極めて若い頃から始まっているのです。そのため、老眼というのはタイミングこそ違え、いつか来るものなのです。

ページの先頭へ