乱視について

 乱視とは、角膜や水晶体のカーブが正しい線ではないために起こる症状のことです。

乱視

 通常、角膜や水晶体は正しいカーブになっていて、外から入ってくる光を直接通すために綺麗に焦点を結びます。しかし、乱視の場合は正しいカーブになっていないため、外から入ってくる光がぶれるために、焦点を結ぶ位置が変わってしまうのです。
 そのため、何か物を見ている先に、網膜の焦点が完璧に合っているわけではないので、だぶついて見えることがあるのです。正乱視と不正乱視の2種類があります。

正乱視と不正乱視

 正乱視とは、角膜形状が楕円形をしていて、メガネやコンタクト、レーシックで矯正が可能なものです。

 一方で、不正乱視とは角膜に病気や怪我を負ったことが原因で、不規則な凸凹していることです。この場合は、均一な歪みでないためにコンタクトレンズなどで修正は難しくなっています。

乱視

 しかし、レーシックではウェーブフロントなどの技術と併用することによって修正が可能です。ウェーブフロントが出る前は、不正乱視の修正は困難でした。しかし、個々人の角膜形状に合わせるウェーブフロントならば、その人の歪みに適応することが出来るのです。

ページの先頭へ