日本経済新聞にレーシック記事が掲載

日本経済新聞(2008年2月5日・夕刊)にレーシックについての記事が掲載されていました。

レーシックが日経新聞に掲載されました
(※記事の詳細は画像をクリックしてください。大きく表示されるので読む事が出来ます)

 内容は非常に基本的なことですが、やはり合併症のリスクに対して警鐘を鳴らしています。

そのリスクとは、

1. 角膜を削ると目の光学特性が劣化し、見え方のシャープさが落ちるケースもある
2. 手術後しばらく視界がぼやけたり、にじんだりする症状を訴える人もいる

といったことなどです。

 合併症のリスクはレーシック手術をする前にしっかりと理解しておく必要があります。

見え方のシャープさが落ちるケースも

 まず、1に関してですが、レーシック後の角膜の厚さがどれくらいになるのかということが重要な判断基準になります。
 通常、レーシック後の角膜の厚さが最低280μmは必要とされています。しかし、これはあくまで「最低」のラインです。理想は330μm以上です。
 したがって、角膜の厚さがギリギリになってしまうということが予想される場合には、見え方のシャープさ(コントラスト)が低下してしまう可能性がある、ということをしっかりと認識しておいてください。

 当サイトでは「あなたの角膜はどれくらい削るのか?」というページで詳しく解説しています。

ハロ・グレアという合併症

 次に、2に関してですが、「ぼやけたり、にじんだりする」というのはハロ・グレアという夜間視力に問題が生じてしまう合併症です。ハロ・グレアについてはこちらをご覧ください。

 ハロ・グレアが発生してしまうのは、暗所瞳孔径という、暗い所での瞳孔のサイズが非常に関係しています。
 この暗所瞳孔径と、レーザーの照射領域に差がでることにより、ハロ・グレアは発生します。

 当サイトでは「暗所瞳孔径の大きさがハロ・グレアの発生する原因」というページで詳しく解説しています。

リスク回避のために最大限の情報収集を

 以上のようなことは、医師が事前検査の結果から患者にしっかりと説明する必要があります。しかし、しっかりとした医師を選ばなければ、説明不足のまま手術が行なわれてしまいます。

 皆さんはこういった情報不足のために、必要のないリスクを犯すようなことは決してなさらないでください。

 当サイトでは合併症や医師の選び方をかなり細かく解説しています。是非、参考にしてください。

ページの先頭へ