運営母体は何処か?

 レーシックの手術をしているクリニックでは、母体が大きく美容整形系と眼科系の二つに分かれています。これにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

眼科系のメリット・デメリット

眼科系 メリット: 万が一の際にそのクリニック、もしくは系列病院での診療が可能。つまり、自分の所で全ての面倒が可能である。
デメリット:症例数が少ない。また、角膜の薄くても行うケースがあるので実績が悪い医院もある。

美容系のメリット・デメリット

美容系 メリット:症例数が絶対的に多い。美容系は実績重視(回復率○○%!など。)なので、一定以上の悪い患者は執刀しない。
デメリット:万が一の際に、紹介状だけ書かれてたらい回しにされるケースがある。これは、日本ではレーシックが普及しきっていないため、レーシック患者を診るのを拒む医者が居るからである。

まとめ

 眼科系、美容系のメリットやデメリットは以上のようになっています。レーシックには多大な初期設備投資や、効率よく患者さんを診療する場所が必要です。片手間でレーシックを行えるクリニックは少ないです。
 そのため、症例数を基準に置くと美容系がどうしても多くなります。症例数に絶対的な信頼を置くなら、美容系の方がレーシックに特化しているため、大いに安心です。

 しかし、もし万が一のことが不安ならば、眼科系も視野に入れるべきです。また、根本的に美容系のクリニックを信頼されない方も中にはいらっしゃるでしょう。しかし、レーシック技術は視力回復という点ではほぼ完成している技術であり、また、大手のクリニックならば、合併症などが起きてしまった際もクリニックが紹介状を書いてくれるので不安は少ないといえるのではないでしょうか。

ページの先頭へ