成功 or 失敗の判断(失明の可能性・満足度調査)

 ここでは、レーシックの成功や失敗の部分を説明します。

 

 レーシックでは視力が回復するといったメリットばかりが取り上げられ、失敗に関するデータがあまり上がってこないように考えられます。
 しかし、失敗とは何なのでしょうか?その基準は個人の価値観によります。まずは失敗という部分から説明ていきたいと思います。

失敗=失明?

 それではレーシックにおける失敗とは何なのでしょうか?

 最悪の場合は失明ですが、実は世界でレーシックで失明したという事例はまだありません。

 レーシックはレーシックは眼球の奥の部分の網膜への手術ではなく、表面部分の角膜の一部を切除する手術なので、失明のリスクはほぼ0に等しいです。(網膜の手術は非常に高いリスクを伴います)。しかし、合併症が発生し、それなのに通院を放棄した場合は、失明の可能性があると思います。
 とはいえ、健全な患者さんは通院放棄などといった真似はせずに、異常があればすぐにクリニックに駆けつけるはずなので、失明のリスクはほぼ0といってもいいでしょう。

 むしろ、コンタクトレンズの付けっぱなしや適当な扱いをしている場合に失明したというケースがたまにあります。

 レーシックというと、安定志向の日本人には、眼に手を加える恐ろしい手術というイメージが浮かんでしまうものです。しかし、コンタクトレンズの方は失明があり、レーシックで失明はないのです。これだけを比べると、クリニックさえ精査すれば、そこまで危険な手術でないことが分かっていただけると思います。

失明以外の失敗は?

 さて、それでは失明以外で何を失敗と考えるかです。

 次に考えられるのは、合併症が併発してしまう場合です。これは、「後遺症・合併症について」でも説明していますが、少なからず発症してしまう人がいます。ただし、ドライアイやハロ・グレアは、術前の検査により把握が可能なので失敗とは考えられません。(「ハロ・グレアの発生が関係する夜間瞳孔径について」を必ずお読みください)

 そうなると、問題はフラップ不良角膜混濁です。これも、クリニックをしっかりと精査し、その後のケアを怠らないことによって、リスクは最大限に低減することが出来ます。また、万が一起きてしまった場合は、無料で再診してくれる所を探しておくことによって、どの様なケースにおいても対応出来るようにしておけばよいでしょう。

 最後に、失敗の要因として考えられるのが、近視戻りです。「レーシック装置メーカーの比較」でも書いたように、近視戻りというのは存在します。しかも、少なくない数値です。

 例えば、2.0から1.5に近視もどりした人の場合はそこまで重く考えないでしょうが、1.0の人が0.5に戻ってしまった場合は、恐らくこれは"失敗である"と考えるのではないでしょうか。

 レーシック手術をして視力が1.0までしか向上しない人は、元々最強度近視である場合が考えられます。最強度近視の人の場合、近視戻りを考えると最終的に視力が1.0を割ってしまうケースがあります。その様なリスクがあることを念頭に置いておいて下さい。

 このように色々と書くと不安になる人がいるかもしれません。しかし、レーシックというのは安定していて技術が確立している手術です。ですから、この様な場合もあるということを、頭の片隅においておくぐらいが丁度良いと思います。何もリスクを知らずに手術を受けた場合、「聞いてなかった!」と不安でいっぱいになってしまいますからね。

成功とは何か?

 レーシックの成功とは、なんといっても視力が回復することでしょう。これに関しては、かなりの高い確率で成功すると考えられています。レーシック装置メーカーの比較の項目でも書いたように、かなりの確率です。

 しかし、この確率はその人の眼の良し悪しに大きく左右されます。基本的に、軽度近視の人ほど、良い結果が得られやすい傾向にあるようです。一方で、最強度近視の人の場合は、悪い結果のこともままあります。
 そのため、最強度近視の人の場合は、再手術可能な範囲の角膜を保存しつつ手術に踏み切るのが精神的にも健全でしょう。某クリニックのHPでは1.0以上になった人の割合が、中度近視で99.6%と書いてあります。これは恐らく、近視戻りがある前のデータと推測されますので、全てを鵜呑みには出来ません。
 しかし、そういったことを加味しても99.6%というのは驚異的な数値です。基本的には満足度が高い手術であるということが、ここから伺えます。

ページの先頭へ