近視戻りとは

 近視戻りとは何なのでしょうか?
 せっかくレーシック手術をしたのに、また眼が悪くなってしまっては残念です。では、何故、近視戻りが起きるのでしょうか。

角膜の強度の弱さ

 近視戻りの原因は不明な部分が多いのですが、眼が悪い人ほど近視戻りが起きる可能性が高いといわれています。
 最強度近視の人の場合、特に角膜を多く切除することにより、残った角膜の強度が弱くなります。その結果、元々眼にある眼圧という圧力によって角膜形状が変形してしまうことによって起きるのではないか、と考えられています。

元に戻ろうとする力

 もう一つは、人間の体というのは急激な変化に対して元に戻ろうという作用が自動的に働きます。つまり、急激に減った角膜に対して、角膜上皮細胞が通常より厚く再生してしまうことにより、屈折率が変化します。この結果、視力が悪くなり、近視戻りと判断されるのです。
 しかし、はっきりとした原因は不明です。そのため、この様な可能性があることを念頭に置いておいたほうが良いでしょう。特に、最強度で手術を考えている人の場合は、担当医に一度問い合わせてみることをオススメします。

ページの先頭へ