眼科専門医であることは必須

 レーシックの執刀医が日本眼科学会の認める日本眼科学会認定専門医かどうかという点は非常に重要です。

 眼科専門医になるためには、医学部を卒業した後、最低でも5年以上の眼科の研修を修了し、学会の試験をクリアしなければなりません。

 レーシックをはじめとする屈折矯正手術では、日本眼科学会より認定された日本眼科学会認定専門医による手術が必須である、というガイドラインがあります。

ガイドラインは以下の通りです。(※術者=執刀医です)

「術者」
 エキシマレーザー装置を用いた屈折矯正手術は眼科専門領域で取り扱うべき治療法であり、日本眼科学会認定の眼科専門医であると同時に、角膜の生理や疾患ならびに眼光学に精通していることが術者としての必須条件である。本装置の使用に際しては、日本眼科学会の指定する屈折手術講習会、および製造業者が実施する設置時講習会の両者を受講することが必要である。

 注意しなければならないのは、「ガイドラインというのは守られることが望ましいという指標」であるため、絶対的な基準ではないということです。そのため、レーシックを行っているクリニックの中には「当院の基準」「レーシック専門医」といった、何が基準なのかわからない基準や作り上げた専門医という肩書きの下に手術を行うことがあります。

 しかし、眼科専門医は日本眼科学会が設けた基準をクリアし、その上で認定試験に合格しなければ貰えない唯一の資格です。学会の公的な資格はこれ以外にありません。

 大事な目を手術してもらうのですから、専門医であるというのは信頼のおける証だと考えられます。クリニックを選ぶ際は、執刀医が眼科専門医かどうかを確認すると良いでしょう。

 執刀医が眼科専門医であるかどうかは、以下の日本眼科学会の公式HPで調べることができます。検索窓に医師の氏名をいれてください。

 ⇒ 日本眼科学会の公式HP:http://www.nichigan.or.jp/senmonlist/map.jsp

 間違えても、誰がどの様な基準において発行したかが分からないような肩書きに惑わされてはいけません。もちろん、その基準がしっかりとしている場合もあります。

 しかし、ここでは日本眼科学会というしっかりとした日本でのガイドラインに乗っ取ってクリニックが運営されているかという点も考慮したいため、あくまで眼科専門医かという点に重点をおきます。

ページの先頭へ