眼科医の症例数と合併症の発生率の関係

 レーシックにおいて執刀医がどれだけの経験を有しているかというのは、クリニックの症例数と共に重要な基準となります。

 アメリカのESEC(EYE SURGERY EDUCATION COUNCIL)というサイトでは、興味深いレポートが発表されています。(このサイトは、眼科レーザーの団体が運営しています。 運営元はthe American Society of Cataract and Refractive Surgery 、通称ASCRSという団体で、アメリカの屈折矯正手術で一番大きな学会です。情報には信憑性があります。)

 レポートの内容は、レーシックにおける医師の習熟度が合併症などのリスクと関係があるという内容でした。(ただし、これはレーシックの場合の数値のため、イントラレーシックなど最新の技術に必ずしも合致するとは限りません。)

 このレポートでは、一人の医師が1000症例をこなした場合における合併症や矯正視力の失敗の発生率を計算しています。これによると1000症例を段階に分けて発生率を調べています。
結果は以下の通りです。

【症例数における合併症の発生率】
100 症例:6.0%
100 - 700症例:2.3%
700 - 1000症例:0.3%

 100症例しか経験のない場合と、700症例以上経験がある場合の合併症の発生率は20倍もの差がある、ということがわかります。
 つまり、いくら数値を入力し半オートで手術が行われているとはいえ、執刀医の腕前は十分に考慮した方がいいということです。

 そして、この数値から自分がレーシックをする場合は、700症例以上の執刀経験がある医師に執刀して貰いたいということがわかります。また、知人の親が医師なので眼科医に意見を頂いたところ、「安定してきている技術だから安心であるが、大きくは執刀医の腕が関係していると思う。」という意見が返ってきました。

 多くのクリニックでは「最新の機械では全部機械がやるから誰が手術しても同じです。」と言っています。これは本当なのか?ということを、今一度考えていただきたいと思います。

「レーザー照射のスタート位置を決定するのは誰だろうか?」
「薄い膜であるフラップを持ち上げるのは誰だろうか?」
「フラップを洗浄するのは誰だろうか?」

全部執刀医です。

 いくら最新の医療機器で手術が半自動化になったとはいえ、それはフラップ形成時と角膜矯正時だけです。少なからず人の手が関与するポイントがありますので、執刀医の重要性は無視できません。そのため、クリニックを選ぶ際は、全体の症例数だけでなく執刀医の執刀数も考慮すると良い、と考えられます。

管理人の私が、最終的に神奈川クリニック眼科でレーシックを決めた理由も執刀医の技術力を考えたからです。 詳しくは「神奈川クリニック眼科の秘密」で説明させて頂きます。

ページの先頭へ