スポーツの制限は?

 レーシック手術後のスポーツについて、どれぐらい抑えればいいかについて説明します。
 まず、スポーツの場合は基本的に最初の一ヶ月はしない方が良いぐらいの考えが妥当です。フラップの微細なずれは、見え方の質にも少なからず影響してくるため、無理は禁物です。また、衝撃が多いスポーツの場合はエピレーシック等を考慮することをオススメします。
 スポーツの制限に関しては以下のようになります。

ジョギング・エアロビクス

ジョギング・エアロビクス 一週間後から可能になります。また、術後の眼は抗菌状態を保つため、その際に眼に汗が入ることは避けなければなりません。

球技・格闘技

車の運転 一ヵ月後から可能です。特に、アメリカンフットボールやラグビーは、なるべく眼に衝撃が加わらないように最大限の注意を払って下さい。なお、格闘技の場合、通常のレーシックの場合はフラップがずれる可能性が高いので、エピレーシックやラゼックをすることをおすすめします。

ウインタースポーツ・マリンスポーツ

飛行機での移動 これらも一ヵ月後から可能です。眼に衝撃が加わらないように気をつけてください。また、眼に海水が間違いなく入ってきてしまうので、心配な場合は目薬を点すなどのケアを行うとよいでしょう。

面倒だけどコンタクトやメガネに比べれば...

 全体的に行動に制限がかかる場合が多く、面倒に感じる人もいるでしょう。しかし、それを面倒だと感じるかどうかはその人次第です。コンタクトやメガネをしてスポーツをするというのは、思った以上に手間がかかります。

 コンタクトの場合、落ちてなくなってしまうことがあります。メガネの場合は、衝撃で割れてしまい、自分だけでなく相手まで怪我をさせてしまう可能性もあります。それを考えた場合、これぐらいの安静期間は取るに足らないのではないだろうか。

 しかし、あくまで個人の価値観による部分です。そのため、これからレーシックを受けようと考えている人は、自分の状況をしっかりと見直すことをおすすめします。

ページの先頭へ