合併症・後遺症について

 レーシックには幾つか合併症の心配があります。その中でも、多くの人が発症するものもあれば、ほとんど発症しないものもあります。そのため、発症率が多いものと少ないものを中心に、症状と注意点を解説します。

ドライアイ

ドライアイ

 ドライアイはレーシックをする前から症状がある人も多いと思います。 レーシックでは、レーザーで角膜の屈折率を矯正します。その際に、涙腺も一緒に焼ききってしまいます。涙腺は約3ヶ月で再生しますが、その間はドライアイの症状が出ることがあります。
 しかし、中には出ない人もいます。これは、各個人の涙腺から出る涙の量に関係していると考えられています。元々ドライアイ気味の人は、涙の量が少ないと考えられています。そのため、レーシックにおいて涙腺を焼ききってしまうと、一時的に激しく症状が出ることがあるというわけです。
 一方で、普段から眼の乾燥など感じたことがなく、目薬と無縁だったという人ならばドライアイは一切でないでしょう。この様に、ドライアイに関しては出る人が多いですが、個人の差が大きく出るものです。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

ハロ・グレア

  ハロ・グレア

 手術を考えている人の中で、多くの方が不安を覚えているのが、ハロ・グレアではないでしょうか。ハロ・グレアは治療によって矯正した部分と、そうでない部分から入ってくる光が乱屈折を起こすことによって起きる現象です。これにも個人差があり、多くは暗所瞳孔径という暗闇での黒目のサイズが関係してきます。
 黒目のサイズが大きければ大きいほど、ハロ・グレアが強く出てしまうので気をつけて下さい。ハロ・グレアが発症すると、夜の街頭が少しぼやけて見え、夜間に車を運転している時のハイビームなどの強い光が、極端に眩しく感じることがあります。
 ハロ・グレアの原因は暗所瞳孔径の項目で詳しく触れたいと思いますので、是非読んでくさい。(→詳しくはこちら
 なお、暗所瞳孔径も加齢と共に小さくなるために、若いうちは眩しい人も年を取るに連れて治る可能性は存分にあります。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

夜間視力の低下

 夜間視力の低下も前述のハロ・グレアの項目で上げた暗所瞳孔径の大きさが関与してきます。(暗所瞳孔径について詳しくはこちら
 勿論これにも個人差があるのだが、暗所瞳孔径が大きければ大きいほど夜間視力が低下することがあります。人は暗闇ではより多くの光を手に入れようとするために黒目を大きくします。しかし、レーシックで矯正された部分を超えてしまうほどに黒目が開いてしまった場合は、本来眼の調節力として見開いた黒目ほどの光が得られないのです。
 そのため、矯正された黒目の範囲の矯正視力しか得られないために、夜間視力の低下といった症状が出る可能性があります。しかし、これも暗所瞳孔径のサイズ次第であり、個人差があるので一概に夜間視力が低下するといったことはないです。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

白目の充血

 これも出る人が多くいます。手術の後遺症として、一時的に白め部分に赤い血溜まりが生じてしまうのです。これは、手術にレーザーを使う影響で充血するのですが、その血が一箇所に溜まることで表れます。しかし、約3週間で消える一時的なものなので心配は要りません。見た目にかなり気になるとは思いますが、一時的な存在です。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

日内変動

 手術後にまだフラップなどが落ち着いていないために、視力が日内変動することがあります。特に最初の時期は眼が疲れやすく、疲れると見えにくくなる可能性があります。そのため、術後しばらくは眼を酷使しないことをお勧めします。せっかくレーシック手術をして視力が回復したのに、最初に少しケアを怠ったぐらいで視力が下がるのは非常にもったいないですからね。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

フラップ不良

 フラップ作成時に、フラップが切れることや、フラップに歪みが生じることがあります。これは特にレーシックにおいてマイクロケラトームを使用していたときに起きることが多かったです。しかし、イントラレーシックになってからはより減少しています。
 しかし、執刀医のミスや個人の角膜影響などでまれに起きることがあります。起きてしまった場合は、数ヶ月間を置いて手術を受けなおさなければなりません。これは、執刀医を精査することで、起きる可能性をほぼ0にまで近づけることが可能です。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

角膜混濁(かくまくこんだく)

 角膜が白く濁ってしまい、視界が白いカーテンに包まれたようになってしまうのがこの症状です。これは、エピレーシックやPRK、LASEKなどのフラップを薄く作る(もしくは作らない)タイプの手術の際に特に起きやすいです。これらの術式は将来的にはフラップがなくなるのですが、一時的に薄く存在していたりします。それが紫外線に反応してしまい、白く濁ってしまうのです。
 そのため上記の手術をした場合、しばらくはUVカットサングラス、帽子などの眼に対する紫外線対策が必須になってきます。もちろん通常のレーシックでも、しばらくは紫外線対策が必要になってきます。
 原因はこれだけでなく、角膜上皮細胞が再生する際に不規則に再生してしまい、透過性が低下することによって起きることもあります。視界が濁るため、極めて気をつけなければなりません。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

サハラ砂漠症候群

 フラップの下に砂模様のような混濁が見られる合併症です。これは、角膜混濁の白濁りとは違い、砂模様になるという特徴があります。原因は完全に特定されているわけではなく、術後の点眼薬に対する反応や角膜炎が理由だと言われていています。対処方法も原因によって変わってくるので、一概には言えません。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

合併症に対する考え方

 このように合併症には、高い確率で発症するものから低確率のものまで様々あります。大事なのは、これらの合併症に対する知識を持っていることです。特に、ドライアイやハロ・グレアは高い確率で発症します。そのため、これらの症状に対する知識を持っていなければ、「聞いていなかった」と後悔することになります。
 レーシックは視力回復という恩恵をもたらしてくれますが、リスクが0というわけではありません。少なからずリスクを確認した上で手術を受けなければならないです。なので、この項目を読むことによって知識を蓄えて頂きたいです。

ページの先頭へ
合併症・後遺症の発生率を下げるには

合併症・後遺症の発生率を下げるには

合併症や後遺症にかかりたくないというのは誰でも思うところです。
これについて、アメリカでは興味深いレポートが発表されています。
内容はレーシックにおける医師の症例数が合併症や後遺症などのリスクと関係があるという内容です。
以下の表を見てください。

【症例数における合併症の発生率】
100 症例:6.0%
100 - 700症例:2.3%
700 - 1000症例:0.3%

100症例しかない医師と1000症例ある医師とでは20倍もリスクが違う、ということがわかります。
要するに手術を受ける際に気をつけたいのは、誰が執刀してくれるのか、という点です。
そのため、クリニックを選ぶときには全体の症例数ではなく執刀医の症例数を考慮すべきです。

おススメはSBC新宿近視クリニック です。
このクリニックは所属している医師を重視しているため、手術の質が高く、症例数も豊富です。
指名制度もしっかりしているので(無料です)、自分が安心して任せられる医師に施術してもらうことが可能です。
後遺症・合併症のことを考えるのであればSBC新宿近視クリニックが良いです。

当サイトでは最大10000円割引のクーポン券の配布もしているので、ぜひご利用ください。

ページの先頭へ
ページの先頭へ