あなたの角膜はどれくらい削るのか?

 レーシックは角膜を削ることにより視力を回復させるので、何よりも角膜の厚さが重要です。
 本当に重要なので、このページはものすごくボリュームがあります。その上、ちょっとややこしい為、お気に入りに入れていつでも読み返せるようにして頂ければ幸いです。

お気に入りに登録

 ここで、もう一度手術に関して説明しておきます。レーシックでは、フラップという蓋(ふた)を作ります。次に、蓋を開けて角膜実質厚を焼くことによって視力を矯正します。そのため、全体的な角膜の厚さに対してフラップの厚みをどれぐらいで作成するのか、また角膜実質厚をどれぐらい切除(焼く)するのかというのが、問題になります。

術後に一定以上の角膜の厚さがないと危険

 角膜の厚さは個人差があり、人によっては手術を受けることが出来ないことがあります。ちなみに、日本人の平均は520μmと言われています。(※下記図左側「レーシック手術前の角膜」を参照)
 レーシックでどれくらい角膜を削るかは、その人の目の状態によって差はありますが、今回は130μmと設定します(下記図右側「レーシック手術後の角膜」の紫色の部分)。角膜切除量の計算方法は後述します。
 また、レーシック手術によって角膜を削った後は、フラップを含めた厚さが最低390μmは残っていることが必要だと考えられています(下記図右側「レーシック手術後の角膜」を参照)。
 これは、イントラレーシックで作成するフラップの厚さが110μmと考えた際に、角膜実質厚が280μm以上はないとコントラスト感度の低下など、薄くなりすぎることにより様々な問題が生じると言われているためです。

 しかし、残った角膜(角膜実質厚)が280μmというのはあくまで最低のラインです。実際には、330μm以上残るのが望ましいとされています。そうすると、全体的な厚さとしてはフラップと残った角膜(角膜実質厚)を合計して330μm+110μmで440μm残っていることが望ましいこととなります。(下記図を参照)

ページの先頭へ

角膜をどれくらい削るのか?その計算方法

 角膜の切除量は概算が可能です。計算方法としては、近視・遠視・乱視の度合いから算出します。

 ここで、先に、"度合い"というものに関して説明します。コンタクトレンズを買ったことある人は見たことあるかもしれませんが、視力はD(ジオプター)という数値で表されます。一般的に、この数値が高ければ高いほど視力が悪いことになります。

 また、ジオプターはある一定の数値で「軽度・中度・強度・最強度」と分類されています。
詳しくは以下の通りです。

【近視の分類】
・軽度近視   -3D未満
・中等度近視  -3D以上-6D未満
・強度近視   -6D以上-10D未満
・最強度近視  -10D以上

 眼科クリニックでは、この分類事に視力回復率を計算していたりもします。

 本題に戻りますが、切除量は視力の度合い(D:ジオプター)の合計×14μmと計算します。

(例)軽度近視-2Dで乱視-1Dの場合...
   ⇒ 3D(=-2D+-1D )×14μm=42μm

 この例の場合、角膜42μmを切除することになります。なので、残った角膜の厚さを理想値の330μm以上にする場合は、これに再手術のための20μm(約-1.0D矯正分)を足すと350μm。これに自分の切除予定量42μmとフラップの110μmを足すと、
350μm+42μm+110μm=502μmとなります。
 つまり、502μm以上角膜の厚さがある人であれば、再手術が可能な上に、近視戻りなどを考慮した上で安心ラインとなるわけです。

ページの先頭へ

眼科クリニックが公開しない数値とは

 もちろん、視力が悪ければ悪い程、角膜が厚くなければなりません。ちなみに、-6.0Dの近視に-1.0Dの乱視がある患者の場合安心ラインだと、上の計算では558μm必要ということになります。-2Dの軽度近視に比べて、角膜の厚さが必要ということを理解していただけましたでしょうか。

 また、この558μm数値は日本人の平均の角膜の厚さを遥かにオーバーしています。そのため、一般的にクリニックではこういった数値を公開していません。それは、公開した場合、患者が減ることを不安がっているからだと思われます。

 また、ここでは「フラップを含めない残った角膜は330μmが望ましい」と記述しましたが、より多く残ることが望ましいことは間違いありません。つまり、再手術不可能なギリギリまで角膜を少なくして手術を受けるというのは、やはりリスクが高まることを示しています。視力回復率や、見え方の質に由来していると考えられます(品川近視クリニックからのメール質問による返答)。

 しかし、残存ギリギリで受けている人が多いのも事実なので、あくまで若干のリスクが高まる程度と考えて構わないでしょう。

ページの先頭へ
最強度近視の場合はどうなるのか?

 ここまで読んでいただいて、角膜の厚さが如何に重要か理解していただけたかと思います。そして、不安になった人もいるでしょう。特に、最強度近視(裸眼0.01、数値-10D等)の人です。

 計算上、最強度近視の人の場合-10Dで乱視0Dだとしても140μmも切除することになります。「これでは、絶対に角膜が足りないじゃないか!」と考える人もいるかもしれません。

 そこで、レーシックでは目の大変悪い方、角膜が薄い方に対して違う術式を用意しています。従来のレーシックやイントラレーシックとは異なる術式ですが、違う術式によって手術出来る事になった人は多いです。詳しくは次項で説明させていただきます。

ページの先頭へ