マイクロケラトームとイントラレーザーについて

 ここではレーシックで使われている装置について細かく説明します。

 レーシック、イントラレーシックと色々ありますが、最近はウェーブフロントという機能も付随し、多種多様となってきています。レーシックもどんどん進化しているため、術式の変更から機能の増強などが年々行われています。

装置の違い

 まず、レーシックとイントラレーシックの使われる装置の違いについて取り上げます。これは、フラップ作成時にマイクロケラトームを使うかイントラレーザーを使用するかという違いがあります。

イントラレーザーを使用 マイクロケラトーム(金属カンナ)を使用
イントラレーザーでフラップを作成 マイクロケラトーム(金属製カンナ)で作成

マイクロケラトームは不確実な部分が多い

 マイクロケラトームとは、レーシック手術で使用される金属のカンナのような電動メスです。マイクロケラトームを使い約160μmのフラップを作成します。この刃は一人一人の使い捨てす。イントラレーシックが普及していない頃は、レーシック最大の山場はこのフラップ作成のポイントでした。それは、精度の低いマイクロケラトームを使用することや、医師の技術不足が原因で合併症が発生していたからです。

 それと、電動メスを使い、眼球の上を往復させることでフラップを作るので、一般的には角膜に細かい傷が入るために軽い合併症が起きることが多かったです。また一方で、熟練した医師のもとでは質のいいフラップが出来上がるとされていました。しかし、これらは不確実な要素が大きく、運任せになってしまっています。

イントラレーザーは最先端の技術

 イントラレーザーとは、特殊なレンズを使ったレーザーを角膜に照射することで、フラップを作成します。レーシックに比べてフラップ約110μmと薄くつくれます。
 そのため、眼の悪い方でも従来よりも角膜を保存でき、手術できるようになったのです。

 また、イントラレーザーは完全なコンピューター制御がなされています。そのため、前述したようなフラップの傷という問題や、医師の技術不足という不安がありません。
 そのため、現在はイントラレーシックが主流になってきています。

 レーシックよりも、不確実な部分が少なく、フラップ作成に関しては同じ数値を入力していれば、ほぼ同じフラップが出来上がる寸法です。イントラレーザーが登場したことにより、レーシックの技術はより精度をあげたと言えます。

 また、その他のイントラレーザーの特徴として、均一な厚みのフラップが作成できることにより、術後の視界の質がより向上しました。他にも、断面がマイクロケラトームよりも綺麗に仕上がることが多く、フラップを元に戻した時にずれにくくなっています。 これによりハロ・グレアなどの合併症が低減されます。

 そして最後に、フラップの厚みや、カットの形を詳細設定できるという点です。これによって角膜の形が、マイクロケラトームではカットできない場合でもカットできるようになったのです。

ページの先頭へ