生命保険ついて

 レーシックは生命保険の対象になることがあります。しかし、生命保険は複雑な商品なため、一概に支給可能かどうかというのは問い合わせてみなければわかりません。もし対象になる場合は、5万円から10万円程度が支給されます。支給される場合の流れとしては、以下のようになります。

 契約している保険会社に給付金の対象となるかどうかを問い合わせます。給付金の対象になるならば、どれくらいの金額が支払われるかについても自身の契約内容とあわせて確認します。また、保険会社に問い合わせる際には、レーシック手術の正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」で問い合わせましょう。
 次に、保険会社から給付が降りることになった場合、請求のために医師の診断書が必要になります。診断書は、レーシック手術を受けたクリニックで作成してもらいます。この際、別途でお金を徴収されることもあります。
 最後に、クリニックで書いてもらった診断書を保険会社に送付します。すると、給付金申請の手続きが始まって手術の給付金が降ります。

基本的には、この様な流れで給付が降りることになります。

給付金目当ての加入はNG!

 気をつけてもらいたいのは、レーシックを受けるから生命保険に入ろうという行為です。

 これは、二つの理由から気をつけるべきです。
 第一に、レーシック手術により保険金給付が増えたため、新規加入による場合、レーシックの給付対象にならない保険が増えてきています。また、給付金目的で保険加入はNGとされているからです。

 次に、当然ですが生命保険を軽率に考えない方が良いからです。いずれにしても、「レーシックを受けるから入ろう」と考えはやめた方がよいでしょう。

給付実績のある生命保険会社は?

 実際に何処の生命保険会社で給付金が受け取られるかという点ですが、一覧表をここに乗せておきます。このリストは、過去に給付実績がある保険会社です。しかし、加入時期や、加入期間、プランによって給付が受けられるかどうかは不明なので、直接問合せをして確認してください。

日本生命、明治安田生命、アメリカンファミリー、住友生命、第一生命、ソニー生命、朝日生命、三井生命、アメリカンライフインシュアランス、損保ジャパンひまわり生命、JA共済、太陽生命、大同生命、アクサ生命、ジブラルタ生命、AIGスター生命、ソニー損害、三井住友海上火災、東京海上日動あんしん生命、プルデンシャル生命、ウインタートウル・スイス生命、あいおい生命、富国生命、エキスパートアライアンス

ページの先頭へ