老眼・白内障などその後の目への影響

 老眼や白内障など、将来のことに関して不安に考えている人は多いです。
特に、老眼や白内障は、日本人において発症する人が多い病気といえます。レーシックをした場合どうなるのか、それぞれ説明していきます。

レーシックと老眼の関係

 老眼がレーシックをすることによって進行するといった話をよく聞きます。
しかし、それは間違いです。正確に言うと、老眼だったということを気づいていなかった場合が多いのです。

 レーシックによる視力回復と老眼は直接的には関係ありません。老眼というのは、眼の焦点を合わせる筋肉が衰えるために、近くを見るときに焦点を合わせるレンズを調節出来なくなる症状です。

 近視の人場合、元々焦点が手元にあっていますので、眼の調節するための筋肉をよく使っているのです。
 しかし、眼の良い人ほど、調節することに筋肉を使いません。レーシックを受けることにより、遠くが一気に見えるようになり、焦点が遠くなります。そのために、老眼だったということに気づいてしまうのです。

 何れにせよ、老眼が始まるのは45-50歳ぐらいと言われているので、その年齢より前に手術を受ける場合はそこまで関係ありません。

白内障の手術はうけることができるのか?

 次に、将来白内障になった場合に手術を受けることが可能かという問題であります基本的には可能であるというのが答えです。

  白内障

 白内障とは、水晶体が濁ってくることにより眩しく感じたり、かすんで見えたりする症状のことです。白内障の原因は加齢と考えられていて、他にも遺伝や薬の副作用など諸原因があげられています。

 治療方法は二通りあり、薬剤治療手術です。薬剤治療も行われていますが、水晶体の濁りを完全に止めることは出来ません。そのため、白内障の初期患者が薬剤治療をすることが多いです。そして、濁りが進んだ結果、日常生活に支障をきたすようになった場合に手術をするのです。

 手術方法は、水晶体を取り出し、代わりの眼内レンズを挿入させる方法です。日本では年に約20万人以上が白内障の手術を受けています。

 そこで、レーシックを受けた人が手術をするのに重要なのが、眼内レンズを決定するためには術前のデータが必要になってくるということです。そのため、将来白内障になった場合は、術前データを問い合わせ、それを眼科に持って行き手術することが必要になります。

 また、現在20歳の人が、60年後に同じクリニックがあるかどうか不安に思うこともあるかもしれません。しかし、将来的にはレーシック術後の人間でも検査可能な装置が発明されていると考えられます。レーシックの手術そのものが年に20万人も受けています。しかも、年々増えている手術です。将来レーシックで白内障になる人は多いでょう。それに適応した機械が登場しないとは、非常に考えにくいです。

ページの先頭へ