治療費用の相場に差があるワケ

 年々レーシックにかかる費用が安くなってきています。数年前は両目で50万円などざらでした。しかし、今では20万円から30万円ぐらい(それでも高額ですが)で手術をすることが可能です。料金相場に差があるのは何故なのか、それを考えてみたいと思います。

 まず、レーシックは自由診療です。そのため、治療費はクリニック側で決定することができるので、各眼科クリニックによって治療費用に差があります。

クリニック側の初期設備投資

 レーシックで一番お金がかかるのは、初期設備投資です。多くのクリニックは一等地に場所を構えています。それだけでなく、エキシマレーザーなどの機械も数千万、高いものはなんと一億円もします。そのため、一度購入さえすれば、クリニック側からすれば、この設備投資費用をいかに稼ぐか、という事が重要となってきます。

 単純に数の理論によって、値段を安くすることは可能です。簡単に言えば薄利多売です。「眼の手術なのに、薄利多売でいいの?」と考えるかもしれません。

 しかし、この薄利多売はレーシックの技術が安定しているからこそ可能なのです。クリニック側からすれば、「再手術や何らかの問題」によっての追加で手間の掛かるケースは少なく、安い値段で売っても十分に利益が確保できるのです。この考えからすれば、人が多く集まるクリニックほど価格を抑えることが可能になります。

 クリニックのHPを見て「キャンペーン?紹介?」と考えて不審がった人もいると思います。しかし、問題はありません。それは今言ったような理由からです。

 

保障期間と治療費の関係

 あとは、保障期間を長くした場合、前述したような「再手術や何らかの問題」のリスクが増えるので、金額を高くしなければなりません。

 患者側から考えれば、保障期間を延ばすのに追加料金がかかる。クリニック側からすれば、リスクが増すために多めに金額を確保しなければならない。こういった理由です。また、患者数が少ないクリニックは治療費が高いことがあります。これはある程度価格を上げなければ、元が取れなくなるからです。この辺のことを考えれば値段の差がどうして生まれるかがみえてくると思います。

まとめ

 最後にもう一度まとめます。価格に差があるのは、「患者数、機種の価格による設備投資、保証期間等によるリスク」といった所が多いのではないかと推測できます。

 そのため、価格が安いからといって不安がる必要はありません。とはいえ、よい機種を使っている場合、或いは保障期間が長い場合などは、当然値段があがることもあります。そして、やはりレーシックに関しては値段だけからは比較がしにくいということも事実です。

ページの先頭へ