再手術が可能か否かのポイント

「レーシックは一度しか出来ないのでしょうか?」

 これもまた多く聞く質問の一つです。答えは、角膜の厚さによるので一概には言えませんが、出来る人も多くいます。特に、前述のように最強度近視の人の場合、特に近視戻りが多いため再手術を希望することがあります。その際、オペが出来ない場合は非常に問題です。なぜなら、その視力を一生受け入れなければならないからです。

 再度、レーシックが出来るかどうかの重要な判断基準は残存角膜厚です。レーシックをした後、角膜の厚さが十分に残っていれば可能です。そのため、レーシックをする際に再手術が可能か否かを、予め医師に聞いておくことをオススメします。この時、近視戻りの度合いによって角膜切除量が変わってきますので、術後の残存予定角膜量を聞いておき、そこからご自分で計算すると良いでしょう。

 角膜の厚さや手術で削る量についての計算などは「あなたの角膜はどれくらい削るのか?」で詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

ページの先頭へ