アフターケア、定期健診の重要性・再手術の保障

修正後.jpg

 レーシックを受けたからといって、それで終わりということではありません。

 術後に決められている検診も、翌日・一週間・一ヶ月(三ヵ月)とあります。もちろん、炎症や合併症が起きた時には、無料ですぐに見てもらえる保証が必要です。

 レーシックのことを調べきったとしても、術後に何が起きるかは誰にも分かりません。だからこそ、アフターケアの重要性・再手術の保障が重視されるのです。これは、クリニックによって生涯保障をアピールしている所もあれば、数年単位の所もあります。どちらを選ぶかは、個人の価値観次第です。

 保証期間は、長いに越したこはありません。ただし、腕前が良くて三年保証と、腕前が悪くて十年保証の場合は、よく考えなければなりませんね。また、保障期間が長い場合は、手術費用にそのコストが上乗せされている、と考えればよいでしょう。

 そのため、クリニックを選ぶ際には、保障期間と前述した内容を良く照らし合わせてみる必要があります。

ページの先頭へ