弱視について

 弱視とは、片方の目の視力が異常に悪いことです。 弱視になるかどうかは、小さい頃のうちに決まります。これは、小さい頃に何らかの原因でものを見る機能の発達が妨げられるからです。斜視弱視、不同視弱視、屈折性弱視、視性刺激遮断弱視の4つタイプがあるので、それぞれ説明します。

斜視弱視

 斜視弱視とは、片方の目を使って物を見てしまうことにより、使っていない片方の眼の視力が育たずに弱視になってしまうことです。
 基本的に眼というのは左右が常に連動して動くもので、物を見るときはそこに両目が同時に向きます。
 しかし、上手く眼を連動させることが出来ずに、左右の視線が一致しないことを斜視と呼ひます。斜視は、眼を連動させて物を見ようとする脳の機能が悪い場合もあれば、眼の筋肉に原因がある場合など様々です。

不同弱視

 不同視弱視とは、左右の視力に差があった場合、それをそのまま放置したまま小さい頃を過ごすことによって起きます。
 視力矯正を行わないままに、片方の良い眼だけを使うことにより、悪い方の眼が段々と機能しなくなった結果、視力が低下してしまうのです。

屈折性弱視

 屈折性弱視とは、元来の強度の遠視や近視が原因となり起きることが多いです。つまり、視力が成長しなければならない幼少期に、網膜に正常にピントを合わすことが出来なかったために起きたものです。

視性刺激遮断性弱視

 視性刺激遮断弱視とは、片目が何らかの先天性の疾患を負っているために起きる場合と、何らかの怪我によって長期間眼帯をすることによって起きるなど、後天的な原因のため視力が低下してしまうことです。

TOPへ戻る
ページの先頭へ