ヘッダーロゴ
SBC新宿近視クリニック
合併症
ハロ グレア
SBC新宿近視クリニックの10000円割引クーポン
眼科医 ベスト5

注目のクリニック

選ばれるわけはドクターの質!

SBC新宿近視クリニック

オリコン顧客満足度で堂々の第2位を獲得した今、注目のクリニック。症例数4万件以上という実績を誇る医師、安心無料の指名制度、生涯保障という万全のアフターケア。
レーシックを受ける人の目線に立った手術を実施しています。

今Lasikを受けようと考えている読者の皆さん。このホームページを全て読んでみてください。 恐らくほぼ全ての悩みが解決すると思います。
Lasikで失敗しないために必要な知識・情報は、以下の2点に集約されています。

1. 合併症に関する知識
2. 眼科クリニック・医師を正しく選ぶ

実にシンプルです。
しかし、Lasikは医師と患者における情報の非対称性(不平等)がありすぎます。少し調べたぐらいでは、クリニックの比較などは出来ませんし、メリットしか浮かび上がってきません。

その様な現状を危惧し、これから受ける皆様への情報がためになればと思い作成させて頂きました。合併症と症例数の関係や、角膜の厚さについて、眼科クリニックの医師が話したがらないようなことも書きました。

よく考えてください、Lasikとは何なのか、自分には本当に合っているのか、必要なのか。それからでも手術を受けるのは遅くありません。何事にも「批判の精神」を持って情報を集めてください。

管理人のイントラレーシック体験記を読む
  • ゼリア新薬、ソフトコンタクト用目薬 装着したまま点眼OK(日本経済新聞- 2010年3月11日)
  • 培養皮膚採用率、20年には従来法を逆転―富士経済(キャリアブレイン - 2010年3月10日)
  • 視力が急低下合併症も 強度近視 中高年は要注意(中日新聞 - 2010年3月4日)
  • 上皮シートで角膜を再生 負担少なく安全に(47NEWS - 2010年3月1日)
日本経済新聞2008年2月5日(火)記事へ

アメリカで年間100万人、日本国内でも年間10万人以上の手術が行われているというLasikは、短時間での視力矯正が可能であり、視力回復後にはコンタクトレンズや眼鏡がいらなくなる技術です...
 
記事を読む

日本経済新聞2008年2月5日(火)記事へ

2年前は月に1,500件だったLASIK手術が、今年の1月で15,000件とおよそ10倍になってますね。現在、LASIK先進国の米国での手術数が年間140万件ですから、日本では年間70万から100万件程度まで伸びるのでは、と目されています...
 
記事を読む

ページの先頭へ